青森県庁カーリング部物語

青森県庁カーリング部はいつでも部員募集中~!

カウントダウン企画 プレオープンアイスの利用者募集中~!

青森県カーリング協会のみなさん、朗報です!!

 

青森スポーツ会館では、

7月1日のカーリング営業再開に向けて、

プレオープンアイスの利用者を募集しています。

1 利用期間   6月22日(土)~30日(日)

2 利用区分   ①10:00~12:00
         ②12:00~14:00
         ③14:00~16:00
         ④16:00~18:00

3 利用料    無料

4 申込方法
(1)申込手順  利用日の前日までに、電話で申し込み
(2)申込先   青森市スポーツ会館  電話017-765-6200
(3)利用決定  先着順

5 注意事項   ①同一チーム、団体が一日に利用できる区分数は、
          平日は1区分、土・日曜日は2区分までとなります。
          多くの方が利用できるよう御理解をお願いします。
         ②製氷作業を兼ねていることを理解し丁寧にプレーしてください。
         ③アイスやハックを破損させた場合は速やかに申し出てください。
         ④注意事項を守らない場合は利用を取り消されることがあります。

 

新しいアイスを楽しみながら、みんなでアイスを仕上げましょう!

青森市スポーツ会館さん、ありがとうございます!!

令和6年度公認カーリングコーチ1養成講習会終了~!

令和6年度公認カーリングコーチ1養成講習会が終了しました~。

みなさん、とっても熱心に受講されていましたよ。

 

専門科目の修了まで、残すは筆記試験のみ。

提出が遅れないよう最後までがんばりましょー!

 

みなさん、お疲れさまでした~。

忘れものキングのカーリング(笑)

私は「忘れもの王」を自負しています。

カーリングの試合後にブラシを忘れて帰ったり、

ウェアを忘れていることすら忘れることも日常茶飯事です。笑

 

カーリングに限らず、これまでも、

ディズニーチケットを入れたバッグを京葉線の電車に置き忘れたり、

ジャイアンツ戦のチケットを入れた鞄を京浜東北線の電車に忘れたり…。

つい最近も、某施設に大事なUSBを忘れてきたり、

iPadやPCを入れたバッグを青い森鉄道に置き去りにしました。恥

 

しかーし、全てのものは、私の手元に帰ってきているんですよ!

それは、忘れ物をした後の対応が早かったり的確だから。たぶん。笑

 

紛失に気付いた瞬間から、あそこか?あのときか?と可能性を探り、

分析したうえで、速やかに電話をかけたり、直接現場に行ったりします。

 

私は、これはカーリングのコールにも通じると思っていて、

例えば、試合でショットのラインがずれたと分かった瞬間に、

次のアイデアを出せる(準備している)か、いかに的確に行動できるか、

これが、そのショットを無駄にせず、得点に結びつける要点ではないかと。

 

このことを書くと、原稿用紙が5~6枚は必要なので我慢しますが、

私は、忘れ物をしたくてしているわけではないですし、

誰もが、ミスをしたくてデリバリーしているわけではないんですよね。

 

決して、忘れ物が多いことの言い訳ではありません。笑

このことに共感し、語りあえる方は誰かいないでしょうか?

 

※適切な写真がなく、何年ぶりかに文字だけの投稿となりました~。

青森市スポーツ会館のカーリングホールはアイス整備中~!

青森市スポーツ会館カーリングホールでは、

6月1日から30日にかけて製氷作業が行われます。

アイスマンMさんに、作業中のカーリングホールを見せてもらいました~。

製氷作業は再来週までに終えて、

その後の約1週間でアイスを締めるのだそう。

と、いうことは、昨年と同様にシートが解放される?

ひゃっほー!!

 

青森県協会のみなさんの協力が必要になります。

詳細が決まるまで、もう少しお待ちくださいね~。

 

M屋さん、ありがとうございます!!

がんばれA高カーリング部!テイクオーバー2024

毎年5月31日に、

A高校カーリング部の3年生が引退します。

今年も、みんなで楽しくプレーした後に、

後輩に引き継ぐテイクオーバー・ミーティングを行いました~。

嬉しいことも、悲しいことも、辛いこともあったよね。

カーリング部で経験したすべてをこれからの人生に生かしてください。

みんなの成長を楽しみにしています!
がんばれー!カズシ、トウマ、リョウト、ヒナタ、トア、マナカ!!

ジュニア選手たちのカーリングシーズン大晦日~。笑 

やっていいよ!

と言われてるわけではないのですが、

シーズンの大晦日はつい羽目を外しちゃいますね。

元気なジュニアたちが、ハウスめがけて一直線!!笑

オフのひと月をどう過ごすのか。

来シーズンのためにとっても大事ですよ!

 

ジュニアもシニアもがんばろー!!